お知らせ・ブログ

今年の新入社員は何を重視? 理想の上司像は?

  株式会社毎日コミュニケーションズから、今年4月入社の新入社員を対象に実施した「2011年マイコミ新入社員意識調査」(984名が回答)の結果が発表されました。
  この中で、「社会人として仕事をしていく上で重要だと思うこと」(複数回答)について聞いたところ、回答の上位ベスト3は次の通りでした。
(1)良好な人間関係(69.8%)
(2)挑戦(46.2%)
(3)楽しさ(43.8%)

  上記と同じ意識調査の「理想の上司像」(複数回答)に関する質問では、次の通りの結果です。
(1)指示・指導が的確である(67.8%)
(2)よくアドバイスをくれる(47.8%)
(3)相談に乗ってくれる(45.4%)

 また、レジェンダ・コーポレーション株式会社で、今年4月に新社会人となった入社1年目と入社2年目の社員を対象に行った意識調査(665名が回答)の中で、「目上の人に対して仕事上の本音の話ができるか」を尋ねたところ、入社1年目の人のうち63.8%が「本音を語れない」(「ためらう」が57.9%、「できない」が5.9%)と回答しました。これが入社2年目の人になると57.2%に下がります。

 逆に、先輩社員は20代の後輩社員をどのように見ているのでしょうか。株式会社電通で、首都圏の会社員800名を対象に「伝える力」に関するアンケート調査を行った結果、30~50代の会社員のうち、52.5%の人が「新入社員をはじめ20代前半の若者の『伝える力』は低くなっている」(「低くなっていると思う」および「どちらかと言えば低くなっていると思う」の合計)と回答したそうです。

 新入社員の多くは「上司に本音を語れない」と感じており、逆に先輩社員は20代の若者は「伝える力」が低いと感じているようですね。

 

取扱サービスのご紹介

退職金・個人年金の相談はDCマイスターにお任せください

取得認証のご紹介

札幌ワークライフバランスPLUS

本間社労士事務所はなでしこ応援企業|女性の活躍を応援する企業

仕事と家庭の両立支援

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP