お知らせ・ブログ

税・社会保障の負担が過去最高に 2014年度見通し

財務省は、2014年度における国民負担率(国民所得に占める税と社会保障の負担割合)が41.6%(前年度比1.0ポイント上昇)で過去最高となるとの見通しを明らかにしました。

4月からの消費税率の引上げにより、年金保険料も上がることによるものです。

取扱サービスのご紹介

退職金・個人年金の相談はDCマイスターにお任せください

取得認証のご紹介

札幌ワークライフバランスPLUS

本間社労士事務所はなでしこ応援企業|女性の活躍を応援する企業

仕事と家庭の両立支援

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP