お知らせ・ブログ

最低賃金と生活保護の逆転現象は5都道府県に

厚生労働省は、最低賃金で働いた場合の収入が生活保護の受給額を下回る逆転現象」が生じている地域が5都道府県(北海道、宮城、東京、兵庫、広島)に大したと発表しました。

昨年の引上げにより北海道を除き逆転は解消されていたが、労働者が負担する社会保険料の上昇が影響し、再び逆転が発生しました。

取扱サービスのご紹介

退職金・個人年金の相談はDCマイスターにお任せください

取得認証のご紹介

札幌ワークライフバランスPLUS

本間社労士事務所はなでしこ応援企業|女性の活躍を応援する企業

仕事と家庭の両立支援

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP