お知らせ・ブログ

2011年の合計特殊出生率は「1.39」で横ばい

6月5日に厚生労働省が発表した人口動態統計で、2011年の合計特殊出生率が前年と同じ1・39と前年度と同様横ばいであることが明らかになりました。
合計特殊出生率とは女性1人が生涯に産む子どもの平均の人数で、2・07が人口を維持するための基準とされます。少しずつも上昇傾向が続いていましたが、2011年は横ばいとなりました。

取扱サービスのご紹介

退職金・個人年金の相談はDCマイスターにお任せください

各種認証のご紹介

札幌ワークライフバランスPLUS

本間社労士事務所はなでしこ応援企業|女性の活躍を応援する企業

仕事と家庭の両立支援

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP