お知らせ・ブログ

労働力人口が今後50年で1,170万人減少 内閣府試算

内閣府は、2060年までの労働力人口予測を発表し、今後約50年で労働力人口が1,170万人減少する試算結果を発表しました。

女性の労働力の活用が進まない場合には減少幅はさらに広がり、2,782万減少するとしています。

取扱サービスのご紹介

退職金・個人年金の相談はDCマイスターにお任せください

取得認証のご紹介

札幌ワークライフバランスPLUS

本間社労士事務所はなでしこ応援企業|女性の活躍を応援する企業

仕事と家庭の両立支援

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP