お知らせ・ブログ

2014年度の最低賃金は全国平均で16円上げ

中央最低賃金審議会(厚生労働大臣の諮問機関)は、2014年度の最低金を全国平均で780円(前年度比16円増)とすることを決定しました。

引上げ幅は前年度を1円上回り4年ぶりの大きさとなり、今後、都道府県の最低賃金審議会が地域ごとの最低賃金を決定し、10月から用される見通しです。

北海道は、生活保護との逆転現象が起きているとされ、いまのところ14円UPが目安となっています。

取扱サービスのご紹介

退職金・個人年金の相談はDCマイスターにお任せください

各種認証のご紹介

札幌ワークライフバランスPLUS

本間社労士事務所はなでしこ応援企業|女性の活躍を応援する企業

仕事と家庭の両立支援

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP